Medical Imaging Technology
Online ISSN : 2185-3193
Print ISSN : 0288-450X
特集/GPUの基礎と医用画像への応用
GPUを用いた三次元 MRI圧縮センシング再構成の高速化
伊藤 聡志斉藤 文彦荒井 博俊山田 芳文
著者情報
ジャーナル フリー

2013 年 31 巻 3 号 p. 167-175

詳細
抄録

少数の観測信号から画像復元を行う圧縮センシングを MRIの撮像に応用する場合に,三次元撮像は信号の収集軌道をランダムに選択できる次元を二次元に設定できるため,二次元撮像に比べて圧縮率を高めることが期待できる.本研究では,スパース性を導入する関数に我々が提案する三次元 FREBAS変換を使用し,これを MRI三次元撮像の圧縮センシングに応用した.再生像の品質を二次元画像と比較した結果,信号収集率を同条件とした場合に三次元撮像の方が良質な画像が再生されることを確認した.また,圧縮センシングによる三次元の画像再生は膨大な計算コストを必要とすることから,GPUを利用した再構成処理の並列化を行い,画像再生の高速化を試みた.実験の結果,256×256×64画素の画像を 53秒で行うことができ,CPU計算の 807秒に比べて大幅な高速化を達成することができた.

著者関連情報
© 2013 日本医用画像工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top