Medical Imaging Technology
特集/がんの先制医療のための画像診断技術
二光子励起蛍光イメージングによるがん転移モデルの解析技術
大嶋 佑介古賀 繁宏審良 太郎山本 浩未今村 健志
著者情報
ジャーナル 認証あり

34 巻 (2016) 2 号 p. 89-94

詳細
PDFをダウンロード (1886K) 発行機関連絡先
抄録

二光子励起顕微鏡を用いた蛍光イメージング技術は,生体内において低・非侵襲的に細胞を検出できるため,がんの病態研究から医療現場における新しいがん診断法に至るまでの幅広い応用が期待されている.われわれは,二光子蛍光イメージングのがん診断応用の可能性を探るために,マウスにヒトのがん細胞を皮下移植したモデル動物とがん特異抗体を蛍光標識したプローブを用いて検討した.その結果,二光子蛍光イメージングは,従来の蛍光顕微鏡像でしばしば問題となる非特異的な蛍光シグナルの影響を排除し,生体組織深部においても細胞レベルの空間分解能で,がん細胞を特異的に標識し,可視化できることを明らかにした.一方,われわれが開発した先進的顕微鏡システム,蛍光プローブと動物モデルを組み合わせた解析ツールは,がんの基礎研究においてもがんの浸潤・転移におけるがん細胞の動態やがん細胞周囲の微小環境の役割の解析に有用であるので,現在われわれが開発しているリンパ節転移,腹膜播種,血行性の肝転移,骨転移モデルについても紹介する.

著者関連情報
© 2016 日本医用画像工学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top