Medical Imaging Technology
特集/医用イメージングにおける圧縮センシングとその周辺
交互方向乗数法とマルチスパース化変換を併用したMR位相画像の圧縮センシング
伊藤 聡志
著者情報
ジャーナル 認証あり

34 巻 (2016) 4 号 p. 203-208

詳細
PDFをダウンロード (1605K) 発行機関連絡先
抄録

一般的なMRI撮像ではほとんどの場合で逆フーリエ変換を基本とした画像再構成が行われるが,圧縮センシングを導入する場合は,画像をスパース化する関数やL1ノルム最小化問題を解くアルゴリズムなど選択肢が多く,再生像の品質は再構成手法に左右される.本論文では,位相を含んだMR画像に圧縮センシングを応用する問題において反復的閾値法と交互方向乗数法(alternating direction method of multipliers; ADMM)の比較,ならびに画像のスパース化変換をマルチスケール化する効果について検討を行った.再構成シミュレーションの結果,交互方向乗数法を使用し,かつスパース化変換をマルチスケール化する方法において最も高い信号対雑音比が得られることを確認した.

著者関連情報
© 2016 日本医用画像工学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top