Medical Imaging Technology
特集/医用イメージングにおける圧縮センシングとその周辺
MRイメージングにおける圧縮センシングとその周辺技術
町田 好男
著者情報
ジャーナル 認証あり

34 巻 (2016) 4 号 p. 198-202

詳細
PDFをダウンロード (1487K) 発行機関連絡先
抄録

磁気共鳴イメージング(MRI)装置は圧縮センシングを適用しやすいシステムである.その理由としては,MRイメージング技術の撮像の自由度がきわめて高いこと,そして多彩な情報が高次元データとして取得可能であることが挙げられる.撮像時間の短縮が重要なMRIにとってはきわめて魅力的な技術となっている.当初MRI撮像の高速化は,パルスシーケンスという言葉に代表されるMRI固有の技術を中心として発展したが,近年,情報技術を取り入れた画像生成手法の重要性が高まっている.本稿では本特集の主要テーマである圧縮センシングMRIのほかに,MRフィンガープリンティングとよばれる新手法等も紹介し,現在も発展を続けるMR高速撮像の技術動向の一端について述べたい.

著者関連情報
© 2016 日本医用画像工学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top