Medical Imaging Technology
特集/産官学連携・医工連携における課題と展望
CADにおける産官学および医工連携―医学側の立場より―
縄野 繁
著者情報
ジャーナル 認証あり

35 巻 (2017) 2 号 p. 85-90

詳細
PDFをダウンロード (870K) 発行機関連絡先
抄録

CAD(computer-aided diagnosis or detection)の開発には,データベースの整備と病変の特徴を説明できる医師とプログラムを行う工学者の協力が必要である.共同で研究をスムーズに進めるためには,お互いのコミュニケーションと成果の扱い方が重要である.研究成果を製品化するためには企業の参画が鍵となるが,企業,医師,工学者がおのおので行う研究とそれぞれが協力して開発する領域がある.中途半端な意見や迎合的な評価は後で混乱や間違いの原因となるため,新しい試みの出来が良くないときには企業に対しはっきりと意見を言うことが大切である.

著者関連情報
© 2017 日本医用画像工学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top