Medical Imaging Technology
Online ISSN : 2185-3193
Print ISSN : 0288-450X
ISSN-L : 0288-450X
特集/多元計算解剖学の数理基礎
運動器機能解析を目指した筋骨格計算解剖モデル
大竹 義人日朝 祐太上村 圭亮高尾 正樹田中 利恵真田 茂菅野 伸彦佐藤 嘉伸
著者情報
ジャーナル 認証あり

2020 年 38 巻 3 号 p. 108-115

詳細
抄録

新学術領域「多元計算解剖学」A01-3班:多元計算解剖学における機能情報統合の基盤技術においては,運動器機能解析を目指した筋骨格計算解剖モデルの開発を行った.本プロジェクトでは,医学・バイオメカニクス・スポーツ科学を含む,さまざまな運動器科学領域での応用を目的とし,医用画像に基づいた被験者個別の筋骨格解剖を忠実に再現したモデルを簡便かつ高精度に構築する手法を検討した.本稿では,プロジェクトの成果である 1)深層学習を用いた筋骨格セグメンテーション,2)CT-MRIモダリティー変換,3)X線画像とCT画像の位置合わせによる骨格運動・姿勢推定,4)高精細遺体凍結画像と臨床画像の統合による筋線維走行推定,について紹介する.

著者関連情報
© 2020 日本医用画像工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top