Papers in Meteorology and Geophysics
Online ISSN : 1880-6643
Print ISSN : 0031-126X
東京におけるCs-137及びSr-90の蓄積量
三宅 泰雄猿橋 勝子葛城 幸雄金沢 照子
著者情報
ジャーナル フリー

1961 年 12 巻 2 号 p. 180-181

詳細
抄録

東京におけるCs-137及びSr-90の蓄積量はCs-137については,1960年7月までに69,4mC/km2,Sr-90については,同年12月までに24.8mC/km2となり,Cs-137対Sr-90の比の平均は2.9であった。
両者の成層圏における平均滞留時間は,1.3乃至2.6年と計算され,また,今後,核実験が行なわれないと仮定した場合の将来の蓄積量が計算された。

著者関連情報
© 気象庁気象研究所
前の記事
feedback
Top