日本内科学会雑誌
Online ISSN : 1883-2083
Print ISSN : 0021-5384
ISSN-L : 0021-5384
IV.関節リウマチ以外の膠原病,話題の疾患
2.抗リン脂質抗体症候群
嶋村 抄苗堀田 哲也
著者情報
ジャーナル フリー

2014 年 103 巻 10 号 p. 2473-2480

詳細
抄録

抗リン脂質抗体症候群(antiphospholipid syndrome:APS)は,血中に抗リン脂質抗体(antiphospholipid antibodies:aPL)が産生され,血栓症や習慣流産などを来たす自己免疫疾患である.aPLは「病原性自己抗体」と考えられ,病態の解明が特異的治療法に直結する可能性のある全身性自己免疫疾患としても注目されている.一方で,APSの病態は依然として明らかになっていないことも多く,臨床的に一次予防,二次予防に関する明確なエビデンスも乏しい.本稿では,近年のAPSの診断と治療の進歩について概説する.

著者関連情報
© 2014 一般社団法人 日本内科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top