日本内科学会雑誌
IV.管理と治療の進歩
3.早期治療介入のアウトカム
東田 有智
著者情報
ジャーナル フリー

98 巻 (2009) 12 号 p. 3061-3066

詳細
PDFをダウンロード (553K) 発行機関連絡先
抄録

喘息の病態は気道炎症であり,その治療の第一選択薬は吸入ステロイド薬である.吸入ステロイド薬を診断後早期に導入することで,自然歴・予後を改善することが期待されている.小児喘息発症の前段階に早期治療介入しても発症予防はできず,自然歴は変えられない.しかしながら,小児・成人喘息とも,早期治療介入は,入院・救急外来受診を抑制し,1秒量の継時的低下を抑制することより,喘息の予後の改善に関しては期待される.

著者関連情報
© 2009 一般社団法人 日本内科学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top