日本文学
Online ISSN : 2424-1202
Print ISSN : 0386-9903
『太平記』第一部の構造
和田 琢磨
著者情報
ジャーナル フリー

2005 年 54 巻 12 号 p. 10-20

詳細
抄録

鎌倉幕府の倒壊を描く『太平記』第一部は、はじめは後醍醐天皇を中心とした公家が武家を倒す物語として語り進められていたのだが、第一部結末では源氏が平家を倒した物語となってしまっている。このねじれた文脈を作者はどのようにしてつなぎ統一感を持たせているのか。本論では、「承久」という語に焦点を当て、公家と武家双方の歴史観とそれに伴う倒幕意義を整理し、両者の眼を作者が如何に汲み取り一筋の歴史叙述としているのかについて考えた。

著者関連情報
© 2005 日本文学協会
前の記事 次の記事
feedback
Top