西日本皮膚科
Online ISSN : 1880-4047
Print ISSN : 0386-9784
治療
帯状疱疹に伴う疼痛への漢方方剤の応用
安岐 敏行三原 基之
著者情報
ジャーナル 認証あり

2002 年 64 巻 3 号 p. 363-366

詳細
抄録

帯状疱疹後神経痛が経験的に温めることで改善することをヒントに,体質的に冷えを伴う帯状疱疹後神経痛の患者に漢方の代表的温剤である桂枝,附子を含む方剤で治療した。方剤としては煎剤で桂枝加附子湯加減,エキス剤で八味地黄丸を使用した。今回対象とした症例は帯状疱疹の皮疹が消失ないし潰瘍が上皮化したのちに疼痛を生じた8例で,高齢者,女性が多く,全例手足の冷感を強く訴えた。また東洋医学的診察では脈診で全例が沈,細,弱であり腎虚証を呈していた。今回行った温剤による漢方治療は,冷感との関連がつよい帯状疱疹に伴う疼痛に対して有効な治療法の一つと考えた。

著者関連情報
© 2002 日本皮膚科学会西部支部
前の記事 次の記事
feedback
Top