J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

日本消化器病学会雑誌
Vol. 112 (2015) No. 6 p. 1023-1029

記事言語:

http://doi.org/10.11405/nisshoshi.112.1023

症例報告

症例は43歳女性.41歳時より心房細動のため抗凝固療法を行っていた.吐血のため上部消化管内視鏡を施行,胃前庭部に巨大な粘膜下血腫を認めた.第6病日には粘膜下血腫は消失し,巨大な潰瘍となっていた.病理および全身検索の結果,多発性骨髄腫にともなうAL型アミロイドーシスと診断した.AL型アミロイドーシスは約5%に消化管出血をきたす.また,心病変のため抗凝固療法を要することもあり,示唆に富む1例と考え報告する.

Copyright © 2015 (一財) 日本消化器病学会

記事ツール

この記事を共有