日本消化器病学会雑誌
Online ISSN : 1349-7693
Print ISSN : 0446-6586
今月のテーマ:先天性胆道拡張症の最前線
先天性胆道拡張症の診療ガイドライン(ダイジェスト版)
石橋 広樹島田 光生矢田 圭吾
著者情報
ジャーナル フリー

113 巻 (2016) 12 号 p. 2004-2015

詳細
PDFをダウンロード (548K) 発行機関連絡先
抄録

先天性胆道拡張症(congenital biliary dilatation;CBD)は,総胆管を含む肝外胆管が限局性に拡張する先天性の形成異常で,膵・胆管合流異常を合併し,胆汁と膵液の流出障害や相互逆流,胆道癌など肝,胆道および膵にさまざまな病態を引きおこす疾患であるが,診療ガイドラインはいまだ策定されていない.今回,CBD診療ガイドラインの作成にあたり,膵・胆管合流異常診療ガイドラインから,抜粋,一部改変し,clinical question作成,引用文献のレベル分類,ステートメントの推奨度決定を行い,科学的根拠に基づいたCBD診療ガイドラインを作成したので,ダイジェスト版として紹介する.

著者関連情報
© 2016 (一財) 日本消化器病学会
前の記事 次の記事
feedback
Top