理論と方法
Online ISSN : 1881-6495
Print ISSN : 0913-1442
特集 社会的不平等への数理社会学アプローチ
社会的不平等の数理モデルに向けて:
ミクロ・マクロ・リンクを意識した数理モデルの重要性
佐藤 嘉倫
著者情報
ジャーナル フリー

2016 年 31 巻 2 号 p. 277-290

詳細
抄録

 本稿の目的は, 数理社会学が社会的不平等研究に貢献するためにはミクロ・マクロ・リンクを意識する必要があることを示すことである. この目的のために, まず既存の量的研究と質的研究の問題点を指摘し, いくつかの数理モデルの論理構造を検討し, それらがミクロ水準とマクロ水準の移行を適切に扱っていることを主張する. 既存の量的研究は高度な統計分析により重要な知見を得てきたが, その知見を生み出した社会的メカニズムの分析が弱い. 一方, 質的研究はその社会的メカニズムを丹念に解明しているが, その知見の一般性について留保が必要である. この両者の問題点の解決策の1つとして, 数理モデルによる社会的不平等の解明がありうる. そこで本稿では相対的リスク回避モデル, 地位序列の生成モデル, 信頼と不平等のエージェント・ベースト・モデルの論理構造を検討し, それらがミクロ・マクロ・リンクを踏まえたものであることを示す. 今後の数理モデルもそのような方向性を持つことで社会的不平等研究に貢献するだろう.

著者関連情報
© 2016 数理社会学会
前の記事 次の記事
feedback
Top