日本温泉気候物理医学会雑誌
Online ISSN : 1884-3697
Print ISSN : 0029-0343
ISSN-L : 0029-0343
特別報告
中高年の外来患者における家庭と温泉での入浴習慣と基礎疾患の関連性:今後の研究シーズとしての情報提供
森 康則上岡 洋晴永田 勝太郎岩永 成晃卯津羅 雅彦山口 智
著者情報
ジャーナル フリー

2019 年 82 巻 2 号 p. 100-110

詳細
抄録

  日本温泉気候物理医学会学術委員会では,中高年の外来患者における家庭入浴と温泉入浴に関する習慣と基礎疾患との関連性を明らかにするため,全国の多施設間横断研究プロジェクトを実施した.温泉療法医会の協力を得て,サンプル数1,261にのぼる大規模かつ貴重な調査データが得られた.このデータの統計解析により,温泉の習慣的利用と基礎疾患数に関連性が認められたことが,既に別報により報告されている.さらに探索的解析を進めたところ,加齢や基礎疾患によって,入浴習慣が変化すること等の新たな知見が示唆された.これらの結果は,研究シーズのひとつとして,今後の研究デザインに活用できる可能性がある.

著者関連情報
© 2019 日本温泉気候物理医学会
前の記事
feedback
Top