応用物理
Online ISSN : 2188-2290
Print ISSN : 0369-8009
基礎講座
有機分子エレクトロニクス概論
大森 裕
著者情報
ジャーナル フリー

2007 年 76 巻 5 号 p. 522-526

詳細
抄録

有機材料はこれまで絶縁材料として主に用いられてきたが,導電性の有機材料の発見は,その後の研究により有機材料の電子・光デバイスへの応用に大きな進展をもたらした.有機薄膜の形成は主として真空プロセスで行われる低分子材料と溶液プロセスで行われる高分子材料の2種類に大きく分類されるが,溶媒に可溶な有機材料は印刷技術で素子作製ができ,大面積に簡単に素子を作製できる特徴がある.多くの導電性の有機材料が研究開発され,エレクトロニクスの分野で活躍している.本稿では主として,導電性の有機材料とその電子・光デバイス,特に有機発光素子とトランジスタへの適用について概観する.

著者関連情報
© 2007 公益社団法人応用物理学会
前の記事
feedback
Top