応用物理
Online ISSN : 2188-2290
Print ISSN : 0369-8009
基礎講座
機械学習を活用した結晶界面研究
溝口 照康
著者情報
ジャーナル 認証あり

2019 年 88 巻 11 号 p. 745-749

詳細
抄録

マテリアルズインフォマティクスブームのおかげで,さまざまな情報を与えてくれる材料データベースが公開されています.一方で,そのようなデータベースが与えてくれるのは,単結晶バルクの情報だけであり,材料特性に決定的な役割を果たしている格子欠陥の情報は与えてくれません.筆者らは仮想スクリーニングやベイズ最適化,さらに転移学習などの機械学習法を利用し,格子欠陥の一種である結晶界面の構造を決定するプロセスを飛躍的に向上させることに成功しました.本稿では,それらの研究に関して紹介します.

著者関連情報
© 2019 公益社団法人応用物理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top