応用物理
Online ISSN : 2188-2290
Print ISSN : 0369-8009
基礎講座
スピントルク発振素子を用いた人工ニューロン
常木 澄人久保田 均
著者情報
ジャーナル 認証あり

2020 年 89 巻 2 号 p. 101-105

詳細
抄録

機能性デバイスの物理的な性質を利用し,ニューラルネットワークをハードウェア実装することで低消費電力かつ高速な人工知能の実現を目指す研究が行われています.本稿では,ナノサイズの強磁性体から成る自励発振素子であるスピントルク発振素子を人工ニューロンとして用いた研究について紹介します.

著者関連情報
© 2020 公益社団法人応用物理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top