応用物理
Online ISSN : 2188-2290
Print ISSN : 0369-8009
解説
CMOSイメージセンサの現状と将来展望
大池 祐輔
著者情報
ジャーナル 認証あり

2020 年 89 巻 2 号 p. 68-74

詳細
抄録

CCDイメージセンサの登場でビデオカメラの小型化に成功し,コンシューマ製品としてディジタルカメラ市場が大きく拓(ひら)けて以来,CMOSイメージセンサにおけるカラム並列AD変換回路や裏面照射構造の開発によって,画質や動画性能の向上が加速した.さらに,3次元積層技術によって,CMOSイメージセンサは小型化・高機能化が進み,現在ではスマートフォンを中心に年間50億個以上が出荷されている.本稿では,CMOSイメージセンサの現在に至る研究開発の経緯と,さらに今後の展望として,センシング技術として検知可能な波長領域を拡張し,さまざまな応用領域への展開を加速させていく技術動向を紹介する.

著者関連情報
© 2020 公益社団法人応用物理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top