応用物理
Online ISSN : 2188-2290
Print ISSN : 0369-8009
総合報告
超伝導量子ビット研究の進展と応用
中村 泰信
著者情報
ジャーナル フリー

2021 年 90 巻 4 号 p. 209-220

詳細
抄録

昨今,量子技術への関心が高まり,ニュースでもしばしば量子コンピュータや量子インターネットなどの話題が取り上げられる.中でも超伝導回路を用いた量子コンピュータの研究開発は,米国Google社やIBM社といった大企業が先頭を切って取り組んでいることもあり,大きな注目を集めている.その背景には,超伝導量子コンピュータの核となる要素回路であり,その誕生から20年を経てもなお進化し続けている超伝導量子ビット研究の進展がある.本稿では,超伝導量子ビット研究の最近の進展を紹介し,今後の課題について議論する.長い歴史をもつ電気回路工学やマイクロ波工学の研究分野も,「量子」という新しい視点で捉え直すと,また違った世界が開けてくる.

著者関連情報
© 2021 公益社団法人応用物理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top