Progress of Digestive Endoscopy
Online ISSN : 2187-4999
Print ISSN : 1348-9844
ISSN-L : 1348-9844
症例
広範な縦隔気腫をきたした食道異物(有鈎義歯)の1例
平嶋 勇希細谷 好則俵藤 正信太田 真瑞木 亨荒井 渉横山 卓西野 宏安田 是和永井 秀雄
著者情報
キーワード: 食道異物, 有鉤義歯
ジャーナル フリー

2006 年 69 巻 2 号 p. 56-57

詳細
抄録

 37歳男性で,統合失調症の治療中であった。食欲不振と発熱を認め,胸部レントゲンで長さ7cmの大型有鈎義歯を認めた。胸部CTでは義歯は食道を穿通し,胸部上部-下部食道周囲に気腫を認め,下行大動脈周囲には液体貯留を伴っていた。全身麻酔下で内視鏡,硬性鏡による義歯摘出を試みたが不可能であった。右開胸し,義歯を摘出した。

著者関連情報
© 2006 一般社団法人 日本消化器内視鏡学会 関東支部
前の記事 次の記事
feedback
Top