パーソナリティ研究
Online ISSN : 1349-6174
Print ISSN : 1348-8406
原著
日本語版Mindful Attention Awareness Scaleの開発および項目反応理論による検討
藤野 正寛梶村 昇吾野村 理朗
著者情報
ジャーナル フリー

24 巻 (2015) 1 号 p. 61-76

詳細
PDFをダウンロード (699K) 発行機関連絡先
抄録

Mindful Attention Awareness Scaleは,気づきと注意の程度に注目して開発された,マインドフルネスを測定する尺度である。本研究では,この日本語版MAASを開発し,18歳から84歳の377名の日本人を対象として信頼性と妥当性を検討した。探索的因子分析で,原版と同様に1因子構造で内的整合性が高いことが確認された。また,気づきと注意について検討するために用いた開放性尺度・反芻尺度・アクションスリップ尺度や,Well-Beingに関連する複数の尺度との相関分析で,原版と同様の傾向が確認された。さらに,従来から指摘されていたマインドフルネスの非常に低い群で測定精度が低下するという問題点に関して,項目反応理論を用いた分析を実施した結果,測定精度が低下していないことが確認された。以上より,本研究で作成された日本語版MAASは,原版と同様の特質を測定しているとともに,マインドフルネスに関するWell-Beingの関連性検討や介入効果検討に資する尺度となると考えられる。

著者関連情報
© 2015 日本パーソナリティ心理学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top