静脈学
Online ISSN : 2186-5523
Print ISSN : 0915-7395
ISSN-L : 0915-7395
ガイドライン
下肢静脈瘤に対するシアノアクリレート系接着材による血管内治療のガイドライン
広川 雅之佐戸川 弘之八杉 巧八巻 隆伊藤 孝明小野澤 志郎小畑 貴司白杉 望諸國 眞太郎菅野 範英杉山 悟保科 克行孟 真
著者情報
ジャーナル フリー

2020 年 31 巻 3 号 p. 141-152

詳細
抄録

シアノアクリレート系接着材による血管内治療(cyanoacrylate closure: CAC)は,熱焼灼およびTLA麻酔を用いないnon-thermal non-tumescent(NTNT)治療の1つで,わが国では2019年にVenaSealクロージャーシステムがCACとして初めて保険認可された.本ガイドラインは,CACを安全かつ適切に施行するために,日本静脈学会ガイドライン委員会が中心となって血管内焼灼術に精通した専門医集団によって作成された.CACの適応は有症状の一次性静脈瘤であり,シアノアクリレート系接着材に対するアレルギー歴は禁忌となる.CAC特有の合併症としてシアノアクリレートに対する遅延型過敏症あるいは異物反応による“phlebitis”が6.3%に認められる.一次性下肢静脈瘤の治療は,CACの導入によりさらに低侵襲化すると期待されるが,長期成績は不明であり,今後はエビデンス,経験の蓄積を行っていく必要がある.

著者関連情報

この記事はクリエイティブ・コモンズ [表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際]ライセンスの下に提供されています。
https://creativecommons.org/licenses/by-nc-nd/4.0/deed.ja
前の記事
feedback
Top