人工知能学会全国大会論文集
第32回全国大会(2018)
セッションID: 2G1-03
会議情報

系列変換モデルを用いたプレゼンテーション動作の生成
*嶋津 章仁日永田 智絵長井 隆行中村 友昭武田 祐樹原 豪紀中川 修前田 強
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

近年,様々なサービスロボットが普及し始めている.プレゼンテーションロボットもその一つである.プレゼンテーションにおいてジェスチャは情報伝達効果の向上手段として非常に大きな役割を担っている.一方,直接の情報伝達を目的としていないながらも,発表者の熱意や意思を無意識のうちに表現した動きはプレゼンテーションの成功や相手への印象に影響を与える.そのためプレゼンテーションロボットにもそのような動きを行うことが求められるが,それらの動きを手動で設定することは容易ではない.そこで本研究では,音声韻律情報と動きの関係性を系列変換モデルを用いて学習させ,韻律情報から適切なモーションを直接生成する手法を提案する.さらに,単語の意味を強調する動きを合成することで,より表現力の高い動きを生成することを目指す.

著者関連情報
© 2018 一般社団法人 人工知能学会
前の記事 次の記事
feedback
Top