人工知能学会全国大会論文集
第33回全国大会(2019)
セッションID: 1F4-OS-17b-02
会議情報

農業ナレッジグラフを用いた営農記事からの農作物の関係の発見
*朱 成敏武田 英明竹崎 あかね吉田 智一
著者情報
キーワード: 農業, 農業情報, 農作業, 農作物
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

農業分野で語彙は表記の多様性があり同じ意味を持つ概念でも様々な表記で用いられる場合が多い。こういった表記の揺らぎは農業データやコンテンツなど農業ICTシステムにおける情報利用において妨げとなる。筆者らは先行研究で農作業における標準語彙である農作業基本オントロジーと農作物の語彙を整理した農作物語彙体系を連携し、農業分野のナレッジグラフとして構築を行なった。農業ナレッジグラフは農業分野の概念が持つ様々な情報の意味関係を定義しており、語彙の変換や目的によって概念の階層を変更することも可能となる。また、収録されている同義語や英名を利用することも可能となる。本研究は農業ナレッジグラフを用いて表記の揺らぎ、概念の上下関係を用い。一貫性のある情報抽出を提案する。実際の営農記事を用いて実験を行い、意味関係から農作業に注目した農作物の類似性を判別する。

著者関連情報
© 2019 一般社団法人 人工知能学会
前の記事 次の記事
feedback
Top