人工知能学会全国大会論文集
第33回全国大会(2019)
セッションID: 3C4-J-9-03
会議情報

Bidirectional LSTMを用いた誤字脱字検出システム
*高橋 諒蓑田 和麻舛田 明寛石川 信行
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

カスタマーとクライアントのマッチングビジネスを展開するリクルートでは、クライアントの情報をカスタマーに伝達するために日々大量の原稿が作成されている。本論文では、機械学習を用いてそれらの原稿の誤字脱字を検出する方法を提案する。このシステムは主に2つのパートで成り立っている。1つは複数のBidirectional LSTMを用いて各文字に対して誤りがないかの確率を算出するパート。もう一つはそれらの出力値を入力として、文全体で誤りがあるかないかを判定するランダムフォレストアルゴリズムである。この方法の有効性を示すために人工で作成した文と我々のサービスで持つ実データを用いて検証を行った。

著者関連情報
© 2019 一般社団法人 人工知能学会
前の記事 次の記事
feedback
Top