人工知能学会全国大会論文集
第34回 (2020)
セッションID: 1C5-GS-13-04
会議情報

機械学習を用いた急性期脳出血症例におけるFIM利得予測
*白石 哲也土方 友莉子徳重 一雄石原 正一郎
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

本研究では脳出血患者における機能予後を推測する手法を確立することを目的とした。当院で加療した81例の急性期脳出血症例を対象とした。特徴量を搬入時の頭部CT画像の特徴とFIM(Functional Independence Measure)点数、教師ラベルをFIM利得とし、ニューラルネットワークと勾配ブースティング木のアンサンブル学習を行った。その結果、運動項目利得では決定係数0.49であり、寄与度が高いものとして、血腫伸展部位、年齢、血腫サイズ・量・局在などが抽出された。FIM利得の増減に寄与する特徴量を知ることで、リハビリテーション実施計画をより詳細に立案できる可能性が示唆された。

著者関連情報
© 2020 一般社団法人 人工知能学会
前の記事 次の記事
feedback
Top