人工知能学会全国大会論文集
第34回全国大会(2020)
セッションID: 1D3-GS-13-01
会議情報

テキストマイニングを用いたアナリストレポートからの純利益予測
*鈴木 雅弘坂地 泰紀和泉 潔松島 裕康石川 康
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

本研究では,アナリストレポートに自然言語処理とニューラルネットワークを適用しアナリストが実際に予想する純利益の予測を行う.そのために,まずアナリストの純利益予想の予測にはアナリストの意見文が特に有効であるという仮定のもと,意見文と非意見文の判別を行う.意見文判別では様々なリソースから分散表現のモデルを作り,それぞれの組み合わせの有効性を試す.純利益の予測では,分割した意見文や非意見文に加え,アナリストの今までの予想トレンドを入力に追加する.また,アナリストレポートを発行する証券会社ごとに入力し証券会社ごとの書きぶりの違いを考察する.実験の結果,0.8を超えるF1で意見文判別を達成できた.純利益の予測では証券会社によって予測精度が最も高くなる入力が異なった.アナリストが自らの業績予想に至った論拠を意見文を中心に議論するか,キーとなった客観的事実を中心に議論するかといった違いが証券会社ごとに表れた結果と言えるかもしれない.また,トレンドの入力もアナリストレポート同様予測に効果的だった

著者関連情報
© 2020 一般社団法人 人工知能学会
前の記事 次の記事
feedback
Top