人工知能学会全国大会論文集
第34回 (2020)
セッションID: 4Rin1-52
会議情報

OCRとLINEインターフェースによる処方箋入力業務効率化の研究
*小原 大智田中 謙司松田 悠希
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

社会全体として自動化、IT化が求められており、機械学習技術の応用分野も広がっている。そこで本研究は、なかなか自動化、IT化が進んでいない医療分野における業務効率化を目的とし、その達成のためにOCR技術を利用した。現在、多くの薬局において処方箋の情報をパソコンへ入力する作業は手作業で行われている。そこでLINEをインターフェースとして、スマートフォンで撮影した処方箋の画像からOCRで情報を獲得するシステムを提案した。論文中で提案した前処理、テキスト処理の手法は処方箋から多くの情報を獲得することができた。我々の研究により日本語処方箋の文字認識に適した前処理・テキスト処理の手法、文字認識がしづらいフォーマットが明らかになり薬局業務の効率化に貢献するような結果が得られたと言える。

著者関連情報
© 2020 一般社団法人 人工知能学会
前の記事 次の記事
feedback
Top