人工知能学会全国大会論文集
第36回 (2022)
セッションID: 2E6-GS-3-02
会議情報

説明生成のための知識グラフ構築ガイドラインの考察
*古崎 晃司江上 周作松下 京群鵜飼 孝典川村 隆浩
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

「ナレッジグラフ推論チャレンジ」は説明可能性を有したAI技術の体系化と普及促進を目的とした技術コンテストである.このチャレンジでは,知識グラフとして表現された推理小説を用いた「1.犯人の推定」と「2.推定理由の説明」をタスクとしている.提供する知識グラフは,説明生成に用いられることを念頭に,対象とする小説の追加や知識グラフとして記述する内容の検討等の改良を重ねてきた. 本研究では,これまでの考察をもとに,説明生成に利用することを想定した知識グラフ構築におけるガイドラインを提案する.推論チャレンジで公開している8つの短編推理小説を対象とした知識グラフを元に記述内容の修正方針を検討し,10項目からなる知識グラフ構築のガイドライン案を作成した.さらに作成したガイドラインをそれら8つの知識グラフに適用し,その妥当性の検討を進めている.本発表ではガイドラインの概要と知識グラフに適用して得られた知見を報告する.

著者関連情報
© 2022 人工知能学会
前の記事 次の記事
feedback
Top