RADIOISOTOPES
Online ISSN : 1884-4111
Print ISSN : 0033-8303
原著
γ線スペクトロメトリによる西条酒仕込み水のラドン濃度の測定
竹中 光大高取 宏至小島 康明静間 清
著者情報
ジャーナル フリー

2008 年 57 巻 7 号 p. 419-427

詳細
抄録

近年,各地の地下水や湧水は環境保全や食の安全と関連して人気が高まっている。また健康へのリスクの評価や鉱泉基準(地下水中のラドン濃度が74Bq/L以上)を満たすかどうかという点で,地下水中のラドン濃度の測定は重要である。本研究ではγ線スペクトロメトリを用いて西条酒仕込み水8か所のラドン濃度を測定した。ラドン濃度は月1回の頻度で2年間にわたり測定し,季節変動の有無,井戸の違い,ラドン濃度とpH,水温,気温との相関を調べた。その結果,西条酒仕込み水のラドン濃度の平均値は160Bq/Lであり,多くの仕込み水が鉱泉基準を満たしていることがわかった。また,ラドン濃度は特定の季節に変動する現象はなかった。水温,気温,pHとラドン濃度の間に明確な相関は見られなかったが,井戸の種類では打ち抜き井戸に比べてボーリング井戸のラドン濃度が高いことがわかった。

著者関連情報
© 2008 by Japan Radioisotope Association
前の記事 次の記事
feedback
Top