理学療法学
Online ISSN : 2189-602X
Print ISSN : 0289-3770
脳卒中患者における障害の重症度と低栄養が歩行自立再獲得日数に及ぼす影響
─共分散構造分析による検証─
長野 友彦友田 秀紀小泉 幸毅森山 雅志山本 大誠赤津 嘉樹德永 武男梅津 祐一
著者情報
ジャーナル フリー 早期公開

論文ID: 11287

詳細
抄録

【目的】本研究の目的は,回復期リハビリテーション病棟における脳卒中患者の歩行自立再獲得日数への障害の重症度と低栄養の影響を検証することであった。【方法】対象は病棟内歩行が自立した65 歳以上の脳卒中患者116 名とした。分析は歩行自立再獲得日数に関連する潜在変数を障害の重症度と低栄養に分類してそれらに関連する観測変数から仮説モデルを作成し,共分散構造分析で検証した。【結果】年齢を層別化すると,前期高齢者群ではおもに障害の重症度が歩行自立再獲得日数に関連しており,低栄養の関連性は認められなかった。後期高齢者群では障害の重症度と低栄養が歩行自立再獲得日数に関連し,低栄養には嚥下障害が関連していた。【結論】回復期リハビリテーション病棟の脳卒中患者では,障害の重症度と低栄養のそれぞれが歩行自立再獲得日数に影響することが明らかになった。さらに,嚥下障害を伴う後期高齢者群では栄養管理の重要性が示唆された。

著者関連情報
© 2017 日本理学療法士学会
feedback
Top