理学療法学
Online ISSN : 2189-602X
Print ISSN : 0289-3770
ISSN-L : 0289-3770
腱板断裂患者に対する患者立脚評価を用いた治療方針の予測
河上 淳一後藤 昌史松浦 恒明寄谷 彩政所 和也永松 隆今井 孝樹烏山 昌起原田 伸哉工藤 憂志波 直人
著者情報
ジャーナル フリー 早期公開

論文ID: 11783

詳細
抄録

【目的】本研究の目的は,腱板断裂患者に対し患者立脚評価を用いた治療方針の予測をすることである。【方法】対象は腱板断裂患者229 名で,初診1 ヵ月以降の治療方針(手術または保存)を目的変数,患者立脚評価を説明変数とした決定木分析と傾向スコア分析を行い,治療方針のオッズ比を算出した。【結果】決定木分析にてもっとも手術療法が選択される手術療法傾向群と,もっとも保存療法が選択される保存療法傾向群に分け,それ以外を中間群とした。傾向スコア分析を考慮したオッズ比は,保存療法傾向群に対して手術療法傾向群で11.50 倍,中間群に対して手術療法傾向群で3.47 倍の手術療法が選択された。【結論】腱板断裂患者の治療方針の予測には,SST における4 つの質問の重要性が示唆された。

著者関連情報
© 2020 日本理学療法士学会
前の記事 次の記事
feedback
Top