理学療法学
Online ISSN : 2189-602X
Print ISSN : 0289-3770
ISSN-L : 0289-3770
在宅環境での歩行能力評価としての2 ステップテスト
─信頼性・妥当性の検討および歩行自立に関する基準値の作成─
石垣 智也尾川 達也宮下 敏紀平田 康介岸田 和也知花 朝恒篠宮 健市川 雄基竹村 真樹松本 大輔
著者情報
ジャーナル フリー 早期公開
電子付録

論文ID: 11957

この記事には本公開記事があります。
詳細
抄録

【目的】在宅環境での2 ステップテストの信頼性と妥当性の検討を行い,歩行自立の基準値を見出すこと。【方法】訪問リハビリテーション利用者を対象とした横断調査のデータベース(10 施設226 名)から,目的別にデータを抽出した(信頼性98 名,妥当性117 名,基準値209 名)。調査項目は基本情報と膝伸展筋力,歩行能力として2 ステップテストによる2 ステップ値や歩行自立度などとした。歩行手段と距離により屋内杖歩行から屋外独歩800 m 以上と12 種の歩行自立条件を設定し,各自立を判別するカットオフ値を検討した。【結果】2 ステップテストの検者内信頼性は良好であり,固定誤差は認めないが比例誤差が示された。2 ステップ値は膝伸展筋力より歩行能力との相関係数が高く,歩行自立条件に応じた段階的なカットオフ値が設定できた。【結論】2 ステップテストは在宅環境でも信頼性と妥当性があり,歩行自立に対する基準値を有する歩行能力評価である。

著者関連情報
© 2021 日本理学療法士学会
feedback
Top