理学療法科学
Online ISSN : 2434-2807
Print ISSN : 1341-1667
原著
パーキンソン病患者における各種バランステストと日常生活活動能力との関連
八谷 瑞紀村田 伸熊野 亘前田 弘美能隅 良子溝上 昭宏
著者情報
ジャーナル フリー

2012 年 27 巻 1 号 p. 87-90

詳細
抄録

〔目的〕パーキンソン病患者に有用なバランステストを検証するために,パーキンソン病患者を対象に臨床で使用頻度の高いバランステストを数種類測定し,どのバランステストがADLと関連するのかについて検討した.〔対象〕パーキンソン病患者20名(平均年齢72.4歳)を対象とした.〔方法〕TUG,片脚立ちテスト,FRTおよび重心動揺(外周面積,総軌跡長)を測定し, FIM-MおよびFIM-M下位項目との関係をピアソンの相関係数を用いて検討した.〔結果〕TUGはFIM-Mおよび下位項目である移乗,移動動作との間に有意な相関が認められ,セルフケアと排泄とは有意な相関は認められなかった.その他の片脚立ちテスト,FRT,外周面積,総軌跡長とFIM-MおよびすべてのFIM-M下位項目との間には有意な相関は認められなかった.〔結語〕得られた知見から,今回測定を行ったバランステストの中では,TUGのみがパーキンソン病患者のADLと関連していることが示唆された.

著者関連情報
© 2012 by the Society of Physical Therapy Science
前の記事 次の記事
feedback
Top