理学療法科学
Online ISSN : 2434-2807
Print ISSN : 1341-1667
原 著
歩行能力障害者に対するロボットスーツHAL®の初回装着時効果
―実証試験記録からの検討―
浅川 育世水上 昌文居村 茂幸岩本 浩二菅谷 公美子吉川 憲一佐野 歩古関 一則
著者情報
ジャーナル フリー

2013 年 28 巻 2 号 p. 221-225

詳細
抄録

〔目的〕ロボットスーツHALの装着が歩行能力にどのような即時効果をもたらすのかを検討する.〔対象〕HAL装着にて歩行可能であった被装着者45名(年齢57.1歳)とした.〔方法〕適応群と非適応群に分けられた対象者の歩行速度,歩行率,期待通り度を群間で比較し,加えて歩行の改善効果を適応群の自由記載の実証試験記録から分析した.〔結果〕両群ともに装着前に比べHAL装着時は歩行速度,歩行率ともに低下を示した.期待通り度は適応群で有意に高かった.装着による歩行の改善効果には「歩容の改善効果」など5つのカテゴリが形成された.〔結語〕HAL装着によって歩行速度や歩行率などのパフォーマンスは一時的に低下するが,歩容については初回装着時にも改善が期待される.

著者関連情報
© 2013 by the Society of Physical Therapy Science
前の記事 次の記事
feedback
Top