理学療法科学
Online ISSN : 2434-2807
Print ISSN : 1341-1667
原 著
大腿骨頸部骨折患者の栄養状態からみた歩行能力の経時的変化
岡本 伸弘増見 伸水谷 雅年齋藤 圭介原田 和宏中村 浩一
著者情報
ジャーナル フリー

2015 年 30 巻 4 号 p. 523-527

詳細
抄録

〔目的〕栄養状態の観点から,大腿骨頸部骨折患者の歩行能力の推移と到達水準を明らかにすること.〔方法〕入院時の栄養状態を3群に区分した.各群における歩行能力の推移の検討は,Friedman検定後に多重比較検定を行った.また,歩行自立水準に到達した時期を調査した.〔結果〕歩行能力の推移について,通常栄養群は入院時から入院4週目まで増加した.低栄養リスク群は入院時から入院8週目まで増加した.低栄養群は入院時から入院6週目まで増加した.また,歩行自立に到達した時期は,通常栄養群は入院4週目,低栄養リスク群は入院8週目,低栄養群は到達しなかった.〔結語〕栄養状態に関わらず,歩行能力は回復するが,入院時に低栄養の場合は,歩行自立が遅れることが示された.

著者関連情報
© 2015 by the Society of Physical Therapy Science
前の記事 次の記事
feedback
Top