陸水学雑誌
Online ISSN : 1882-4897
Print ISSN : 0021-5104
特集:外来淡水産底生無脊椎動物の現状と課題
プラナリア類の外来種
川勝 正治西野 麻知子大高 明史
著者情報
ジャーナル フリー

2007 年 68 巻 3 号 p. 461-469

詳細
抄録

 日本産の扁形動物門(Plathelminthes)ウズムシ亜目(三岐腸亜目Tricladida)の淡水生三岐腸低亜目(Paludicola),陸生三岐腸低亜目(Terricola),地下水生三岐腸低亜目(Cavernicola),それにテムノケファーラ目(切頭目Temnocephalata)の動物群には,計5科・2亜科・6属・8種の外来種が知られている。これらの種類の分類表を掲げ,原産地・簡単な形態の説明と核型・分布状況を概説した。アメリカナミウズムシ・アメリカツノウズムシ(淡水産),ワタリコウガイビル・オオミスジコウガイビル(陸産)の野外定着個体群は増加しつつある。ニューギニアヤリガタリクウズムシ(陸産)は2006年に外来生物法による特定外来生物の指定を受けて,移動・飼育等が禁止された。

著者関連情報
© 2007 日本陸水学会
前の記事 次の記事
feedback
Top