臨床血液
Online ISSN : 1882-0824
Print ISSN : 0485-1439
総説
成人慢性好中球減少症診療の参照ガイド
横山 泰久高見 昭良森 康雄佐藤 信也鈴木 隆浩五所 正彦小原 直宮﨑 泰司赤司 浩一千葉 滋日本医療研究開発機構・難治性疾患実用化研究事業「成人慢性好中球減少症の診療ガイドライン作成に向けた予後追跡調査」研究班
著者情報
ジャーナル 認証あり

2018 年 59 巻 7 号 p. 845-857

詳細
抄録

慢性好中球減少症は好中球単独の減少が慢性的に持続する疾患群である。特に成人慢性好中球減少症は病態が不明な場合が多く,その稀少性からこれまで明確な診断基準や病型分類が作成されてこなかった。「成人慢性好中球減少症の診療ガイドライン作成に向けた予後追跡調査」研究班(日本医療研究開発機構研究費・難治性疾患実用化研究事業)では,診断基準・重症度分類・病型分類・治療方針等からなる「成人慢性好中球減少症診療の参照ガイド」を作成した。診断基準は好中球単独の減少(1,500/µl未満)が3ヶ月以上続くこととし,好中球数に応じて重症度を分類した。また成人慢性好中球減少症の病因・病態を整理し病型分類を定め,それぞれの特徴を述べた。治療としては感染症対策や顆粒球コロニー刺激因子等の投与方針について述べた。成人慢性好中球減少症の診療の参考として,あるいは今後の研究の礎として,本ガイドが活用されることを期待する。

著者関連情報
© 2018 一般社団法人 日本血液学会
前の記事 次の記事
feedback
Top