日本化粧品技術者会誌
Online ISSN : 1884-4146
Print ISSN : 0387-5253
報文
〓瘡寛解期における化粧指導とスキンケア製品によるProactive Managementの有用性
大江 昌彦白髭 由恵窪田 泰夫乾 まどか村上 有美松中 浩森岡 恒男
著者情報
ジャーナル フリー

2010 年 44 巻 2 号 p. 127-132

詳細
抄録

近年のにきび用化粧品は,毛包漏斗部を閉塞するような成分を除きpHを弱酸性にするなど,処方面での工夫がなされており,にきび患者が使用試験して問題となることは少ない。反面,化粧品の使い方(スキンケア)については,人によって方法が異なるのが現状である。そこで,〓瘡患者を対象として,化粧品の使用実態調査を行った結果,〓瘡患者は健常者に比べ,洗顔回数や洗顔料の使用量が多いことなどが明らかとなり,〓瘡の予防や改善のためには,化粧指導とスキンケアが重要であることがわかった。今回われわれは,女性〓瘡患者31名を対象として,皮膚科専門医による化粧指導とともにスキンケア製品を2カ月間使用し,皮膚生理機能および患者のQOLを調べた。その結果,皮膚の生理機能や患者のQOLの改善が確認され,皮膚科医によるスキンケア指導は,〓瘡患者の治療補助として役立つことが確認できた。

著者関連情報
© 2010 日本化粧品技術者会
前の記事 次の記事
feedback
Top