J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

色材協会誌
Vol. 89 (2016) No. 9 p. 294-298

記事言語:

http://doi.org/10.4011/shikizai.89.294

ノート

化粧用スポンジを用いてファンデーションを塗布した際の摩擦を評価した。スポンジと人工皮膚の間に3 ~50 mgのパウダーファンデーションを挟んだところ,摩擦抵抗の大きさを示すa値は0 ~3 mgにかけて増加し,より多くのファンデーションを挟むと減少した。 また,摩擦速度v=100 mms-1のとき,スポンジ側で検出される摩擦力は激しい増減を繰り返した。ファンデーションの塗布量が少ないときは,含まれている油がバインダーとして働くのに対し,一定量以上のファンデーションが存在すると十分な厚さの粉体層が形成され,潤滑効果があらわれるためと考えられる。この知見は,ファンデーションの塗布量によって摩擦特性が変化し,使用感に影響を与えることを示している。

Copyright © 2016 一般社団法人 色材協会

この記事を共有