色材協会誌
Online ISSN : 1883-2199
Print ISSN : 0010-180X
ISSN-L : 0010-180X
最新号
選択された号の論文の4件中1~4を表示しています
技術論文
  • 武井 和音, 高橋 望, 酒井 俊郎
    2021 年 94 巻 9 号 p. 245-251
    発行日: 2021/09/20
    公開日: 2021/09/28
    ジャーナル フリー

    本稿では,界面活性剤などの乳化剤を使用せず油と水を機械力により混合した乳化剤フリー(EF-)水中油滴型(O/W)エマルションの調製方法について報告する。市販の超音波洗浄機(Bath-US;42 kHz,26 W)では15分間処理を行ってもドデカン(DD)を水中に完全に分散させることはできなかった。また,調製されたEF-DD/Wエマルション中のDD滴の平均直径は数マイクロメートル(μm)であった。市販のホーン型超音波ホモジナイザー(Horn-US;19.5 kHz,600 W)を用いてEF-DD/Wエマルションを調製した場合,EF-DD/Wエマルションは1分間程度の処理で調製され,調製されたEF-DD/Wエマルション中のDD滴の平均直径は1マイクロメートル(μm)程度であった。著者らが開発した高出力バス型超音波照射機(HPBath-US;28 kHz,300 W)を用いてEF-DD/Wエマルションを調製した場合も1分間程度の処理でEF-DD/Wエマルションは調製された。調製されたEF-DD/Wエマルション中のDD滴の平均直径は10分間の処理で数百ナノメートル(nm)となった。ローター式ホモジナイザー(RS-HG;15,000 rpm,800 W)を用いてEF-DD/Wエマルションを調製した場合は1分間程度の処理でEF-DD/Wエマルションは調製されたが,調製されたEF-DD/Wエマルション中のDD滴の平均直径は数マイクロメートル(μm)であった。さらに,Horn-USとHPBath-USを用いて調製されたEF-DD/Wエマルションの分散安定性は,Bath-USとRS-HGを用いて調製されたEF-DD/Wエマルションよりも高いことがわかった。これらのことから,HPBath-US はEF-O/Wエマルションの調製に有効であることが明らかとなった。さらに,流通用チャンバーをHPBath-USに装着するとEF-DD/Wエマルションを連続的に調製できることが明らかとなった。

ノート
  • 天野 愛海, 田島 寛之, 笠井 尚哉, 金井 俊光
    2021 年 94 巻 9 号 p. 252-255
    発行日: 2021/09/20
    公開日: 2021/09/28
    ジャーナル フリー

    粒子同士が離れた状態で周期配列したコロイド結晶をエラストマーで固定した,チューナブルコロイドフォトニック結晶フィルムを作製した。柔軟性を有する本フィルムをアルミニウム試験片表面に接着し,その状態でアルミニウムの引張試験を行った。応力印加前のフィルムは,フィルム面に平行に配列したFCC構造の(111)面に起因するブラッグ反射により赤色を呈していたが,アルミニウムのひずみ量の増加にともない,おもにその格子面間隔が減少することによりブラッグ反射波長が短波長側へシフトした。その結果,フィルムの色はひずみ量に応じて赤色から橙色,黄色,緑色へと変化した。本フィルムは,接着することにより対象物のひずみ量を色変化から検出できる簡易センサへの応用が期待できる。

―特別インタビュー 色材や界面制御に関する今後の動向―
feedback
Top