皮膚の科学
Online ISSN : 1883-9614
Print ISSN : 1347-1813
ISSN-L : 1347-1813
症例
バラシクロビルによるヘルペス再発抑制療法が有効と思われた多形紅斑の1例
武井 怜子夏秋 優山西 清文
著者情報
ジャーナル 認証あり

2010 年 9 巻 5 号 p. 458-461

詳細
抄録

62歳,女性。数年前から背部,腰部を中心にそう痒を伴う浸潤性紅斑が出現し,再発を繰り返すため当科を受診した。背部の皮疹の生検所見から多形紅斑と診断した。抗アレルギー薬の内服とステロイド薬の外用,内服で軽快するが,皮疹は再燃を繰り返した。経過中,この皮疹の出現に先行して殿部に単純疱疹を生じることが判明し,単純疱疹に関連した多形紅斑と診断した。バラシクロビルによるヘルペス再発抑制療法を開始したところ,多形紅斑も殿部の単純疱疹ともに再燃を認めなくなった。

著者関連情報
© 2010 日本皮膚科学会大阪地方会・日本皮膚科学会京滋地方会
前の記事 次の記事
feedback
Top