バイオメカニズム学会誌
Print ISSN : 0285-0885
研究
片脚立位中の足趾荷重と足圧中心加速度を用いた片脚立位における足趾の働きの解析
久利 彩子竹内 直子吉田 正樹
著者情報
ジャーナル フリー

2021 年 45 巻 1 号 p. 44-49

詳細
抄録

本研究の目的は,片脚立位バランス能力の観点から,足趾の働きが第 1趾と第 2~ 5趾で異なるのか,明らかにすることである.片脚立位中の足圧中心( COP;center of pressure)加速度と各足趾荷重との相互相関関数のピーク値とそれが発生する遅れ時間を変数としたクラスター分析を実施した.第 1趾と第 2~ 5趾では,以下の異なる働き,すなわち, COPの内外側方向移動に関して,第 1趾は COPを足の外側に移動させる働きを,第 2~ 5趾は COPを足の内側に移動させる働きを持っていた.一方,COPの前後方向移動に関して,全ての足趾は COPを後方に移動させる働きを持っていた.

著者関連情報
次の記事
feedback
Top