宇宙太陽発電
Online ISSN : 2432-1060
ISSN-L : 2432-1060
シンポジウム論文
水を推進剤とする小型ホールスラスタの開発状況
高崎 大吾白須 健人関根 北斗小泉 宏之渡邊 裕樹中川 悠一川嶋 嶺小紫 公也
著者情報
ジャーナル フリー

2022 年 7 巻 p. 20-27

詳細
抄録

 宇宙太陽光発電の建設及び軌道維持には,大量の推進剤を消費する.大量輸送に適した推進機として,小型水ホールスラスタの開発が進められている.主放電部であるアノードは水による放電に成功し,放電電力130 W,推力3.4 mN,比推力460 s程度の性能と概算された.電子供給部であるカソードは発光分光測定が行われ,消費電力110 W,電子電流490 mA程度の性能と概算された.今後は,アノードの放電維持およびカソードの電流引き出しを行った上でカップリング作動を行う予定である.

著者関連情報
© 2022 宇宙太陽発電学会
前の記事 次の記事
feedback
Top