表面科学学術講演会要旨集
2017年真空・表面科学合同講演会
セッションID: 1P22
会議情報

8月17日(木)
電位変化によるAu固液界面上cysteine分子の酸化過程の光学的観測
*清水 一樹櫻田 一平大野 真也田中 正俊
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

医療デバイス、バイオセンサ、生体適合材料等の開発には、液体中における固体表面と生体分子の相互作用を電子状態の観点から明らかにすることが重要である。本研究ではサイクリックボルタンメトリーと表面に垂直方向の光学遷移に敏感な、表面差分反射分光法(SDRS)を用いて電解質溶液中でAu表面におけるcysteine分子の挙動を観測した。分子の印可電圧による酸化、還元等の動的挙動を調べた。

著者関連情報
© 2017 公益社団法人 日本表面科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top