膵臓
Online ISSN : 1881-2805
Print ISSN : 0913-0071
ISSN-L : 0913-0071
症例報告
進行膵癌に対するGemcitabine, Oxaliplatin併用療法 (GemOx) の経験
松田 正道渡邊 五朗橋本 雅司
著者情報
キーワード: 膵癌, 化学療法
ジャーナル フリー

2005 年 20 巻 6 号 p. 554-559

詳細
抄録

本例は, 手術中に肝転移が判明した進行膵癌症例である. 肝転移巣をマイクロ波で可及的に焼灼した後, 原発巣に20Gyの術中照射を行い, 以後, 新規抗癌剤 (Gemcitabine, Oxaliplatin ; 以下GemOx) を中心とする外来化学療法を施行した. 計10回の投与で (OX総投与量1,000mg), 末梢神経障害の増悪により中止を余儀なくされたが, 重篤な骨髄抑制・肝腎障害・ADLの低下はなく, 外来で継続投与が可能であった. GemOxの効果と副作用を考える上で, 本例が参考になればと願い報告を行った.

著者関連情報
© 2005 日本膵臓学会
前の記事 次の記事
feedback
Top