糖尿病
Online ISSN : 1881-588X
Print ISSN : 0021-437X
委員会報告
急性発症1型糖尿病の診断基準(2012)の策定―1型糖尿病調査研究委員会(劇症および急性発症1型糖尿病分科会)報告―
川崎 英二丸山 太郎今川 彰久粟田 卓也池上 博司内潟 安子大澤 春彦川畑 由美子小林 哲郎島田 朗清水 一紀高橋 和眞永田 正男牧野 英一花房 俊昭
著者情報
ジャーナル フリー

56 巻 (2013) 8 号 p. 584-589

詳細
PDFをダウンロード (348K) 発行機関連絡先
抄録

1型糖尿病は膵β細胞の破壊性病変によりインスリンの欠乏が生じて発症する糖尿病であり,発症・進行の様式によって,劇症,急性,緩徐進行性に分類される.今回,本委員会において急性発症1型糖尿病の診断基準を策定した.劇症1型糖尿病の診断基準を満たさず,口渇,多飲,多尿,体重減少などの糖尿病(高血糖)症状の出現後,おおむね3か月以内にケトーシスあるいはケトアシドーシスに陥り,糖尿病の診断早期より継続してインスリン治療を必要とする患者のうち,経過中に膵島関連自己抗体の陽性が確認されたものを「急性発症1型糖尿病(自己免疫性)」と診断し,同患者のうち膵島関連自己抗体が証明できないが内因性インスリン分泌が欠乏(空腹時CPR<0.6 ng/ml)しているものを単に「急性発症1型糖尿病」とする.しかし,内因性インスリン分泌欠乏が証明されない場合,あるいは膵島関連自己抗体が不明の場合には診断保留として期間をおいて再評価することが重要である.

著者関連情報
© 2013 一般社団法人 日本糖尿病学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top