糖尿病
Online ISSN : 1881-588X
Print ISSN : 0021-437X
最新号
選択された号の論文の9件中1~9を表示しています
特集
糖尿病と感染症
原著
診断・治療(食事・運動・薬物)
  • 深津 章子, 宮本 佳代子, 大久保 研之, 池本 真二
    2018 年 61 巻 10 号 p. 678-685
    発行日: 2018/10/30
    公開日: 2018/10/30
    ジャーナル 認証あり

    低炭水化物食に伴う脂質摂取量の増加が若年女性の糖質・脂質代謝に及ぼす影響を評価した.クロス・オーバー方式にて,早朝に各試験食を負荷した後,次の食事(セカンドミール)として共通の昼食を摂取させて,摂取前後の血糖値,血清インスリン,遊離脂肪酸,中性脂肪,ケトン体濃度,およびヘパリン静注前血清リポ蛋白リパーゼ量を測定した.試験食は標準(Control)食(炭水化物:C 60 %,脂質:F 25 %),低炭水化物・標準脂質(LCAF)食(C 30 %,F 25 %),低炭水化物・高脂質(LCHF)食(C 30 %,F 45 %)である.LCAF食とLCHF食は朝食後の血糖上昇を抑制したが,昼食後の血糖値はControl食に比し,LCHF食で上昇しLCAF食で抑制した.LCHF食のセカンドミール摂取前後の遊離脂肪酸と摂取後のインスリンは高値を示したことから,LCHF食はインスリン抵抗性を惹起したと考えられた.

症例報告
  • 佐藤 亜沙美, 日高 周次, 田原 康子, 川原 有希子, 加島 尋, 相良 佳子, 大賀 雅俊, 加賀 明彦, 鈴木 正義, 加隈 哲也, ...
    2018 年 61 巻 10 号 p. 686-693
    発行日: 2018/10/30
    公開日: 2018/10/30
    ジャーナル 認証あり

    症例は77歳,女性.X-1年12月頃から口渇,多飲,多尿を自覚した.X年1月中旬から症状が増悪し受診した.尿ケトン(+),随時血糖値582 mg/dL,HbA1c 16.0 %のため入院となった.インスリン療法により血糖値は改善した.インスリン依存状態であったが,患者・家族が退院後のインスリン療法継続を拒否されたため,11病日より経口血糖降下薬へ変更した.経口血糖降下薬は無効であり,さらにIA-2抗体が陽性のため,患者・家族を再度説得し21病日よりインスリン療法を再開した.24病日,左上下肢舞踏病が出現した.MRI T1強調画像で右被殻高信号を認め,糖尿病性舞踏病と診断した.高齢発症1型糖尿病患者に糖尿病性舞踏病を発症した症例は稀であり,短期間に繰り返した血糖変動が糖尿病性舞踏病を誘発した可能性が考えられた.GAD抗体陰性,IA-2抗体陽性の高齢発症1型糖尿病も稀であり,併せて報告する.

地方会記録
feedback
Top