糖尿病
診断・治療(食事・運動・薬物)
SGLT2阻害薬イプラグリフロジン投与89例における3ヶ月間の効果と安全性の検討
戸崎 貴博神谷 英紀加藤 義郎近藤 正樹豊田 かおり西田 知世城間 恵坪中 かおり浅井 ひとみ森部 美保中屋 有貴中村 二郎
著者情報
ジャーナル フリー

58 巻 (2015) 12 号 p. 881-887

詳細
PDFをダウンロード (501K) 発行機関連絡先
抄録

2型糖尿病外来患者89例に単独もしくは他の糖尿病薬に追加してSGLT2阻害薬イプラグリフロジンを3ヶ月間投与し,その有効性と有害事象の発現について検討した.HbA1c値は7.46±1.12 %より7.02±0.99 %(p<0.001)と有意に改善した.体重は76.4±14.4 kgより74.5±14.2 kg(p<0.001)に,内臓脂肪面積は100.4±39.5 cm2より93.2±33.7 cm2(p=0.011)に有意に減少した.ウエスト周囲長,血圧,血清ALT, γGTP,尿酸,およびeGFRも有意に減少した.有害事象は全身皮疹1件,膀胱炎1件,膣カンジダ症疑い1件,および重篤でない低血糖2件であった.イプラグリフロジンは肥満を合併した2型糖尿病の治療に有用と考えられるが,投与に際しては注意すべき点も多く,今後も注意深く経過観察することが重要である.

著者関連情報
© 2015 一般社団法人 日本糖尿病学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top